タグ:育児 ( 17 ) タグの人気記事
“育児の悩み”無料談話室開催のご案内(平成29年11月16日)
日頃育児をする中での悩みや疑問など意見を出し合って

話し合いう談話室を開きます。

質問等にもお答えします。

参加費は無料です。参加ください。


日   時 : 11月16日(木) 13:30~15:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市唐崎2丁目2-1 )
* JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩6分  駐車場有

参 加 費: 無料


この日は『育児』について話し合います。

一人で悩んで誰にもどこにも話せない、

こんなことを思っているのは自分だけだろうか、

他の人はどう考え、どうしているのだろうなど、

話す事でスッキリしたり、ホッとしたり、ヒントや気付きを得たり、

やる気が出るなど前向きな気持ちになってもらえると嬉しく思います。

まだ言葉を話せない赤ちゃんのサインをどう読み取り、どう対応するか、

かわいいだけではなかなか出来ない世話行動の大変さもあると思います。

皆さんと話し合い、共有し分かち合い、心を軽くして

赤ちゃんとの楽しい時間を過ごせますように、と願います。



他には、『育児』、『対人』、『子育て』の悩みなど、

それぞれテーマ別に順次開催していきます。

人数は3~5人の少人数で行います。

定員になり次第締め切らせていただきます。

お友達を誘っての参加も歓迎します。


参加希望、お問い合わせ等、詳しくは下記へ連絡ください。


090-7357-4540(携帯電話)

077-558-8766(固定電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


       ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月は3、9、16、23日、無料談話室を開きます。

11月10日(金)は『夫婦の悩み』について話し合います。
“夫婦の悩み”無料談話室開催のご案内をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ 

オールOK!子育て法

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2017-11-03 19:46 | ラカンMSLからのお知らせ | Comments(0)
分析家の語らい 10(お母さんの手は神の手)

お母さんの手は子どもにとって神の手とでもいうべきもの。

ケガをした時、お母さんがやさしく手を当てて、手当てすると効果があります。

イボなども、お母さんが撫でていると消えてきます。

お腹が痛い時はもちろん、不安が強い時、お腹に手を当てると落ち着きます。

これは大人でも言えます。


赤ちゃんは、生後3,4か月頃に触覚機能が発達します。

この触覚機能が育つための、一番よい刺激となるのが入浴時です。

それは直接赤ちゃんとお母さんの肌が触れあうからです。

ますお母さんの肌を赤ちゃんにしっかり記憶させるために、

お母さんが赤ちゃんをお風呂に入れます。

お母さんが赤ちゃんの世話をして、隈なく触れます。

それが欠けると、アトピーなどの皮膚のトラブルになります。


触れる・撫でるなどスキンシップは、その人の身体の存在を明らかにします。


高校生の男の子がアトピーになって、

お母さんがやさしく撫でながら薬や保湿剤を塗り続け、

アトピーが治っていった例があります。


子どもにとってお母さんの存在の大きさを知らされます。


       ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


10月は6,13,19,25日、無料談話室を開きます。
10月19日は『育児の悩み』について話し合います。
“育児の悩み”無料談話室開催のご案内を、ご覧ください。
10月25日は『対人関係の悩み』について話し合います。
“対人関係の悩み”無料談話室開催のご案内を、ご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン
[PR]
by lacan_msl | 2017-10-16 16:31 | 分析家の語らい | Comments(0)
無料談話室開催のご案内 ‐育児の悩み‐

日頃育児をする中での悩みや疑問、楽しみや喜びについて意見を出し合って

話し合いう談話室を開きます。

質問等にもお答えします。

参加費は無料です。ご参加ください。


日   時 : 10月19日(木) 13:30~15:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市唐崎2丁目2-1 )
* JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩6分  駐車場有

参 加 費: 無料


この日は『育児』について話し合います。

一人で悩んで誰にもどこにも話せない、

こんなことを思っているのは自分だけだろうか、

他の人はどう考え、どうしているのだろうなど、

話す事でスッキリしたり、ホッとしたり、ヒントや気付きを得たり、

やる気が出るなど前向きな気持ちになってもらえると嬉しく思います。

まだ言葉を話せない赤ちゃんのサインをどう読み取り、どう対応するか、

かわいいだけではなかなか出来ない世話行動の大変さもあると思います。

皆さんと話し合い、共有し分かち合い、心を軽くして

赤ちゃんとの楽しい時間を過ごせますように、と願います。



他には、『育児』、『対人』、『子育て』の悩みなど、

それぞれテーマ別に順次開催していきます。

人数は3~5人の少人数で行います。

定員になり次第締め切らせていただきます。

お友達を誘っての参加も歓迎します。


参加希望、お問い合わせ等、詳しくは下記へ連絡ください。


090-7357-4540(携帯電話)

077-558-8766(固定電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


       ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ 
オールOK!子育て法

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2017-10-06 07:52 | ラカンMSLからのお知らせ | Comments(0)
分析家の独り言 792(抱っこ・密着が安心と安全感になる)

他者への関心が無ければ、そこに関係は結ばれません。

人と人の間の空間をうめるものは関心です。

ですから、お母さんが赤ちゃんに関心を持って、

赤ちゃんから発せられるサインをしっかりキャッチする事でした。

(分析家の独り言791お母さんから赤ちゃんへの関心が母子関係の基礎をつくる 参照)

皮膚感覚において、お母さんが赤ちゃんとの空間を埋めて

“快”を感じさせるためには、抱っこなどによる密着です。

お母さんと赤ちゃんの間の空間距離を縮めて最小にします。

この空間を縮め密着する事が、危険から守られ保護されているという

安心と安全感になります。

お母さんが赤ちゃんに関心を持って適確に世話をしなければ、

母子間には無限の空間が広がり、いつも不安を感じます。

無関心、無気力、無能感、無意味などは、精神の病理に繋がる危険な言葉です。


ですから、言葉の無い赤ちゃん時代に、

抱っこなど赤ちゃんに触れることで密着しマーキングしておきます。

そうすると、いつも安心と安全がイメージされ、心があたたかく豊かになります。

赤ちゃんは“快”を感じると、身体が緩みます。

顔の筋肉も緩み笑顔が増えます。

赤ちゃんの笑顔がお母さんの育児に対する報酬です。


お母さんが赤ちゃんを抱っこする事は、母子関係を築き、

赤ちゃんの精神の発達と安定にとても大切な事でした。



買い物に出かけた先で、子どもがお母さんに

「抱っこして」と言ったり、泣いたりして訴えている光景を見る事があります。

「はいはい」と言って抱っこするお母さんもいますが、

「自分で歩きなさい」と怒っているお母さんもいます。

お母さんは重かったり、疲れていたりするでしょうが、

どうかお母さん、子どもさんを抱っこしてあげてくださいと心の中で言います。

その事が子どもにとって、また母と子の関係にどれだけプラスになる事かと。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン
[PR]
by lacan_msl | 2017-09-11 08:45 | 分析家の独り言 | Comments(0)
分析家の独り言 791(お母さんから赤ちゃんへの関心が母子関係の基礎をつくる)

2017年9月発行のメールマガジンは「自己愛から対象愛へ」

というテーマで書きました。

他者との関係を築くには、対象である他者への関心が必要で、

他者への関心が希薄であると、対手との距離を縮めようとしません。


対象への関心は、生まれながらに赤ちゃんが持っているものではなく、

赤ちゃんにとって最初の対象である母から関心を向けらることによって

学習するものです。

最初に赤ちゃんあるのは、知覚能力です。

例えば音を聞いても、その音が何の音かわかりません。

しかし、音を知覚する事は出来ます。

この経験を積み重ねていき、五知覚の感度を上げると共に

知覚によって世界を認識していきます。

この音がするとおっぱいが飲めた、

この臭いはおっぱいの臭いだろう…というようにです。

また、知覚によって快と不快を学びます。

胃が空になった不快感から泣いて、おっぱいが飲めて満足と快が感じられます。

これに温かい・冷たい、美味しい・不味いというより細かな知覚に至ります。


お母さんが子どもに世話行動を通して与えるべきものは、“快”です。

この“快”を赤ちゃんに与えるのは、適確な対応です。

『オールOK』の中にも『適確』が加えられています。

赤ちゃんに適確に合わせるために必要な事が、赤ちゃんへの“関心”です。

言葉をしゃべらないために情報の少ない中で、

赤ちゃんに適確な世話によって“快”を与えるためには、

赤ちゃんからの情報をお母さんがキャッチしなければいけません。

そのために、赤ちゃんの情報収集する感度を上げる必要があります。

しかし、赤ちゃんへの関心が無ければ、心を向けて赤ちゃんを見ようとしないし、

赤ちゃんから発せられるサイン(泣くなど)をいい加減に受け取ります。

更には、「あぁまたか」、「今度は何が不足なのか」、「面倒くさい」等と

お母さんが感じたなら、適確な対応によって“快”を与えられません。

不適切な世話行動になり不快を与え、赤ちゃんは泣く事が多くなり

情緒は不安定になります。


対象への関心が無ければ、その対象との関係は存在しません。

正常な母子関係は築けません。


お母さんから関心を向けられなかった子どもは、

人・物・事に対して関心を持つ事が難しく、全ての事に対して無関心になっても

不思議ではありません。

そうすると、あらゆる事はどうでもよくなり、

「べつに」、「どっちでもいい」といった言葉が連発します。

お母さんから関心を持たれた赤ちゃんは、更に愛着を学んでいきます。


大人になった私達でも、何かに関心を持って、

探究していく事で補い学ぶことが出来ると考えます。


これから育児をする方、また育児・子育て中の方には、

赤ちゃんや子どもに関心を持って適確に対応し

良好な母子関係を築かれることを願って止みません。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン
[PR]
by lacan_msl | 2017-09-08 07:09 | 分析家の独り言 | Comments(0)
分析家の独り言 788(直立歩行と万能感からの脱却  - 2017.8 大阪子育て相談室より - )

8月8日(水)の大阪子育て相談室での質問です。

「孫が1歳2ヶ月になったが、この時期子育てする上で

気をつける事、大事なことは何か?」ときかれました。


1歳2ヵ月は、マーラーの『分離・個体化』の第三期、練習期に当たります。

それまでのはいはいから、身体機能の発達により

直立歩行ができるようになります。

自分の足で自分の興味のある所、行きたい所へ行けるようになります。

お母さんとの心理的分離も進んできて、自律心が芽生え、

自分を試して、どこまで自分の歩みを進められるか、

自分の思い通りに動けるか練習する時期です。


お母さんはますます子どもから目が離せません。

まだ、たどたどしい歩みで、危険を感知することもなく動き回ります。

すると、お母さんはつい「危ない」、「そっちに行ったらだめよ」と

子どもの行動を止めてコントロールしてしまいます。

これでは、いつまでもお母さんの管理下におかれ、自律期の学習ができません。

本当に危ないときは制止するなど、守ってあげなければいけませんが、

子どもが自由に動けるようにそばにいて見守ります。

これだけでもお母さんは大変です。


いつもそうですが、子どもに主体を置いて、それを尊重することです。

そうして子どもが自由に動くと、自分の限界と不自由に出会います。

これまでは自分が動かなくてもお母さんが、泣くなどのサインを読み取って

必要な事、欲しいものを与えてくれました。

赤ちゃんはお母さんとの分化・分離がまだほぼ無かったので、

お母さんが何でもしてくれることを、自分が万能であると錯覚していました。

これを万能感といいます。

しかし、自分で動いて、自分には出来ない事があり、

自分だけでは思い通りには行かない事があるとわかり、

万能感から脱却していきます。

この万能感から脱却するために、相当な自由が与えられなければ、

正常に練習期を送れず、精神の発達は止まってしまいます。


そのまま身体だけが大人になった人は、万能感から脱却できず、

自分が特別な存在だ、だから何をしても許されると思い込んでしまいます。

これが赤ちゃん時代に精神の時計が止まった、アダルトベイビーです。

適切な対応を受けて、精神は健やかに育ちます。

それには育てるお母さんやお父さんに、精神発達論などの知識が必要です。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン
[PR]
by lacan_msl | 2017-08-13 18:59 | 分析家の独り言 | Comments(0)
分析家の独り言 757(ラカン講座より:抱っこと皮膚とドクロ??)

ラカンがいう、人間は寸断された身体イメージで、バラバラな感覚を持っていると。

なぜなら、触覚・視覚・聴覚・味覚・臭覚の感覚はそれぞれバラバラであり、

人間はこのバラバラな感覚の寄せ集めだからです。

このために、全身をスッポリ包んでしまえる身体の大きさの赤ちゃん時代から

しっかりと母親によって抱っこされ、撫でられる事で、

バラバラな身体が繋がっていきます。


そして、このバラバラな感覚の身体を全部包んでいるのが皮膚です。

皮膚によって自分の身体が一つにまとまります。

この皮膚も、抱っこされ撫でられるというスキンシップによって繋がっていきます。

赤ちゃんにとって、母のお腹の中に居た胎児の状態は母の身体で包まれていた、

つまり抱っこされていたと同じ状態です。


受胎の瞬間からの母と十月十日過ごし、

生理的早産である人間の赤ちゃんにとっては

出産後も母によって抱っこされる事が大事です。

それ以外の人、例えば祖父母、保育士、更に赤ちゃんの父親であっても、

赤ちゃんにとっては母以外の皮膚で抱っこし包まれたら、

見捨てられた、切り離されたという意味になります。


心地好く触れられ、撫でられ、そこに触れられた時の感覚が生まれます。

しかし、触れられた瞬間のその感覚は長続きせず、すぐに消えていきます。

だからこそ、全身を一度に包んでしまう抱っこは、全身を同時に感じられ、

その時間が長いほど、その感覚を味わう時間も長くなり、

抱っこされた時の心地好さがマーキングされていきます。


更に、抱っこによって皮膚が作られていきます。

皮膚は自我であり、自分以外の他者・対象と分ける自我境界でもあります。

0歳児保育やおばあちゃんっ子などにより、

母親に抱っこされていない人、皮膚がつくれなかった人達が一杯います。

残念ながら私も生後間もなく祖母に預けられたので、その一人でした。


抱っこされる事が少なく、皮膚が無い人達が好む物の代表が『ドクロ』です。

ドクロの絵やマークの描かれたTシャツ、靴下、カバン、アクセサリー…等々、

街中で身につけている人をよく見かけます。


人間の全ての言動には意味があります。

もし子どもさんがドクロマークのグッズなどを持っていたら、要注意です。

何歳からでも、気がつけば皮膚、自我をつくる事が出来ます。


自分が欲しい皮膚を鏡の像が持っています。

その鏡の像は他者(人間)に移し替えられます。

すると自分が欲しい皮膚・自我をその人が持っているので、

そこに『羨望』と『嫉妬』を抱き、それを自分が奪い取りたいと思います。

これが『先取り』と『攻撃性』であり、これを『ナルシシズム』といいます。  

                     (2016年.9月 ラカン講座より)


              ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2016-09-22 07:11 | 分析家の独り言 | Comments(0)
分析家の独り言 731(母性、母性本能)

一般的に、「母性本能をくすぐられる」という言葉を聞きます。

これを聞くと、生まれながらに皆女性には、母性が備わっていると思われているようです。

はたしてそうでしょうか。


動物たちは子どもが親から離れていくまで、鳥は巣立ちしていくまで、

せっせと子どもにヒナに餌を運びます。

人間に母性があれば、皆一様に満足と快を得て授乳されるはずですから

口唇期欠損の赤ちゃんはいないはずです。

そうであれば、ニコチン中毒も、アルコール依存も、薬物依存もありません。

今世間をにぎわせている、清原元野球選手の覚せい剤常習もありません。

親が子どもを虐待し、ケガだけでなく、死に至らせる事さえあります。


人間は育児放棄します。

赤ちゃんポストというものが存在します。

精神発達論からいえば、0歳児保育に預けること自体が育児放棄にあたります。

なぜなら、生理的早産で生まれる人間の赤ちゃんは生後1年間、

母の皮膚で包んであげなければいけないのですから。

生理的早産とは、およそ500万年前人間が起立歩行を始めたことから、

それまでより骨盤が狭くなり、十月十日以上母の胎内にいると

胎児の脳が成長し頭が大きくなり、産道を通れなくなります。

そのために人間は、他の動物とは違い歩くまでに1年かかりますが、

1年早く生まれることになります。

こうして1年早く生まれるために、

生後1年間は胎内と同じような環境をつくってあげなければいけません。

それは、お母さんの皮膚で赤ちゃんを包むこと、つまり抱っこすることです。

ここで大事なのことは、『 母の皮膚 』 で包み、抱っこすることです。

ということは、その子を産んだ母以外の人が抱っこしたのでは

ダメだということです。

母以外の人に預けて抱っこされたのでは、その子は人生の初期からすでに欠損し、

その後の人生に大きく影響していきます。


これらをみれば、人間には母性は無いといえます。


それでも、女性たちには母性があって、子どもを産めば自然と母性が目覚めて

育てられると思われていないでしょうか。

母性本能があるのだから、産めば何とかなって育てられると安易に考えていないでしょうか。

しかし、いざ産んでみれば可愛いこともあるけれど

思った以上に世話することは大変なことがわかります。

ただ可愛いから、結婚すれば子どもを持つのが当たり前だなどでは済みません。


そこに、母親となった母自身の育った中での無意識・コンプレックスが動き出し

それがマイナスであれば、マイナスが強化せれて育児や子育てに反映します。


こういったことを含め、母性について、

インテグレーター養成講座1の自我論4で、お話ししています。


                 - インテグレーター養成講座1 自我論4・母性とは- より


                              インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2016-02-05 06:50 | 分析家の独り言 | Comments(0)
分析家の独り言 720(おばあちゃんになる人の心得)

                   - 12月大阪子育て相談室より -


12月の子育て相談室で、

「もし自分がおばあちゃんになったら、娘や孫にしてあげられることは何か」と、

質問されました。


まず、おばあちゃんが孫に手を出さない事です。

精神分析理論、精神発達論を知らずに、

娘や嫁に「あなたは子どもが出来ても働き続けなさい」

「私が孫をみてあげるから」と言っている方がいると思います。


女性の社会進出が言われる中、多くの方がこう考えておられると思いますが、

子どもの精神の発達を一番に考えた場合、その子を産んだお母さん以外の人が

手を出し育てる事は、子どもに大きな欠損・欠如をもたらします。


1歳半までは、24時間態勢で母親が子どもの世話をします。

ですからおばあちゃんに出来る事があるなら、

赤ちゃんのお母さんが育児をしやすいように、

少し家事を手伝ってあげるくらいの事です。


ベビーバスでの沐浴から、一緒にお風呂に入れるようになっても

お風呂はお母さんが入れます。

男の人の手の方が大きくて、赤ちゃんを支えやすいという理由で、

夫やおじいちゃんが沐浴をさせるのではなく、

不慣れでも赤ちゃんのお母さんが、細心の注意を払って入れてあげてください。

お風呂は一番赤ちゃんとの肌とお母さんの肌が直接触れ合うよい機会です。

「お風呂はお父さんの役」と決めている家庭もあるようですが、

子どもが言葉をしゃべるようになって、

誰とお風呂に入りたいかを自分の意志で言えるまで、

お母さんとお風呂に入りましょう。


このことをお話しただけでも、大体の人は「えっ、そうなんですか」と驚かれます。


私も精神分析の理論を学ぶまで、こんなことは全く知りませんでした。

自分がされたことを繰り返すか、世間一般や身近な人が言う事をきいて、

何も考えずに育児をしていました。


インテグレーター養成講座の最初の自我論を聞いたクライアントが、

「こんなことはどの育児書にも書いていなかった」、

「こういう事が書いてある育児書が欲しかった」と言いました。


精神分析の理論に則った育児書を書きたいと思いました。


                インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2015-12-14 06:29 | 分析家の独り言 | Comments(0)
滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ-2開講日程のお知らせ(平成27年12月14日)

インテグレーター養成講座Ⅰ-2を開きます。

日   時 : 12月 14日(月) 午前11:00~12:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円


- インテグレーター養成講座Ⅰ 講義内容 -
     

自我論Ⅱ 《幼児期の自我と対象関係》

   精神分析理論

     理論構成 まとめ

   分離と個体化

     A,分離個体化の前駆段階 B,分離個体化の過程

   内的対象関係の発達

     取り入れを内在化 分裂的態勢 抑うつ的態勢

   対象関係の発達

     第一段階 第二段階 第三段階


試しにこの項目を聞いて見たいという方、受講受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル


新しく個人またはグループでインテグレーター養成講座を開くことも出来ます。

一人での受講は1講座1時間、2名以上の受講は1講座1.5時間で行います。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


          インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2015-12-07 09:05 | 教室・講座のお知らせ | Comments(0)