分析家の独り言 265 (高相祐一・酒井紀子夫妻の保釈に寄せて)
16日夕方、酒井法子さんの夫 高相祐一氏が拘置先の警視庁渋谷署を出た際、かぶっていた帽子に「PUNK」と書かれていた。

「PUNK]とはくだらない人間、ちんぴらやくざという意味がある。

人はそのときの自分の状態、気持ちを表わすものを着る、身につける。

本人はおそらく無意識の裡に、自己規定した言葉である。

また、その帽子に「CASPPER」の文字がパッチワーク風に縫いつけられていた。

この「CASPPER」は高相被告がDJをする時のニックネーム。

コメディー映画に出てくるお化けのキャラクター「キャスパー」に息子が似ているとの理由で名付けたという。

ただ、キャスパーの正式な綴りは「CASPER」で、高相被告が綴りを間違えたのか、故意によるものなのかは不明という。

これらのことから、彼はくだらない人間、実体のないお化けのような存在だということになる。

人は本当の自分を知っている。

それ無意識に。

そしてその無意識の通りに行動し生きていく。

今回の事件で明らかになった高相氏のプロフィール等。

どうやらプロのサーファーではなく丘サーファーで、経営していた店はつぶれ、仕事はどうしていたのか。

覚せい剤に手を出し、妻にも覚せい剤をすすめ今回の逮捕に至った。

これではくだらない人間、ちんぴらやくざという表現になるのもわかる。

しかも、「CASPER」とは映画に出てくるおばけのキャラクター。

お化けは死んだ人=生きながら死んでいる。

人が生きるとは何か。

自我理想(なりたい自分、目標)をしっかり描き掲げ、努力していくこと。

ここに人としての成長・発展がある。

それがなければ、人が真に生きているとは言えないのではないか。

その日その時をこなすだけで、何となく過ぎれば良い、一時の快楽を求めて覚せい剤を使用していたのでは、そこに生きる意味はない。

しかも、身体には多数のタトゥーがあり、保釈時にはそれらを隠すかのように手袋をはめていたが、それでも隠し切れず見えていたという。

(タトゥーの意味については、天海有輝のセラピー日記 分析家の独り言179刺青の意味を参照) 

彼もまた、母に抱っこされなかった人=母性喪失者、愛着障害者であろう。

ここから彼らがどう立ち直っていくのか、いけるのか。

酒井法子さんのみならず、一人の人として夫として父として、これからが彼らの正念場。

ここから一念発起して自分を見つめ立て直すのか、さらに落ちていくのか、岐路に立つ。

立ち直りたい、このまま人生を終わりたくなければ生きなす道を求めること。

その方法がわからなければ分析の戸を叩いてみてはどうか。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ
[PR]
by lacan_msl | 2009-09-20 18:30 | 分析家の独り言 | Comments(0)
<< 福岡 10月子育て相談室(旧名... 京都 子育て相談室(旧 母親教... >>