分析家の独り言 299 (今年を振り返って:成長)
去年3月、ここ滋賀県大津市にラカン精神科学研究所とともに住まいを移し、約2年足らずが過ぎた。

人は生き方を変えるように住み替える。

確かに私にとって大きな転機であった。

おそらくまたここ何年かのうちに転居する。

自分の歳を考え、老後を視野にいれ終の棲家を探す。

今年1年、いろいろな人との出会いがあり勉強させてもらった。

「自分以外の人には出会わない」と言う。

来年また自分を知った分だけ、これまで出会えなかった人(自分)と出会えるだろう。

どういう人(自分)たちとの出会いがあるのか楽しみである。

自分を知り成長した分、程よい親との距離がとれる。

支配するされるでもなく、依存するでもなく、私は私として言うべきことは言い、助けてくれと言われれば私の出来る範囲でする。

決して無理はしないし、優先順位を見誤ることもない。

親に人にどう思われるかを気にし、好かれることを私のとる言動の基準にして動くことはない。

それらもクライアントの分析を通して考えさせられ学習した。

クライアントの語りを聴きながら、クライアントと自分は全く違うと思っていても必ずそうとは限らない。

本当に自分にクライアントと同一の部分はないか、違うならどこがどう違うか、それらを常に検証し自分を見つめ知っておくこと。

この視点がないと、自分の無意識を知らぬ間に刺激され、心身に影響がでる(逆転移する)ことがある。

クライアン達は私に、「よくこんなしんどい仕事をしますね」と言う。

自分を常に見張っておく必要があり、そこには未熟な自分や見捨てられ不安や恐怖を味わった悲しい自分がゴロゴロしている。

そういう自分と出会うことはしんどい大変なことかもしれない。

それでも楽しいと感じられ、やりがいがある。

クライアントと私自身の成長が楽しみだからだ。

我が師、惟能氏は言う、「分析が目指すのは精神の成長である」と。

個人の成長と日本社会の成長を願い、今年を心静かに送り、新しい年を迎えようと思う。


ラカン精神科学研究所のホームページ
[PR]
by lacan_msl | 2009-12-31 16:19 | 分析家の独り言 | Comments(0)
<< 分析家の独り言 300 (20... 分析家の独り言 298 (自分... >>