ラカン精神科学研究所メールマガジン 第97号(2018年4月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年4月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン97号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,97今月のメルマガのテーマは、「買い物の選ばれ方」です。 


…好きなもの、コレクションしているもの、

いつもそばに置いておくまたは持つ物

それらは母を置き換えたものです。

その物のどこがのように好きなのかを分析していくと

母に繋がる言葉に行きつきます。

私は観葉植物が好きで、部屋にいくつも置きました。

…緑を見るとホッとして癒やされる気がする、と自分では思っていました。

…緑から森林が思い起こされます。

植物は自然の一部です。

…森林・自然は静かで、人間のようにしゃべりません。

しゃべらない・静かという事は沈黙であり、

沈黙とは意味を作らないという事。

自分が良いとか悪いとか意味づけられない

この沈黙が癒しになり、沈黙を愛するようになります。

…それだけ口やかましい母だったという事です。

…私が望まない口やかましい母を否定して、沈黙の母を欲したけれど

沈黙の母は実際には存在しないので、

意味で繋いで置き換えて沈黙する自然、植物を好み愛着した。

こうして人が買い物するものが選ばれます…
 
            
(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第97号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2018-04-01 20:00 | 分析家の語らい | Comments(0)
<< 分析家の語らい 27(精神分析... ラカン精神科学研究所メールマガ... >>