分析家の語らい 34(ドラマ『チアダン』より:自分に必要な言葉)

7月から始まったTBSのドラマ『チアダン』を観ました。

このドラマの中で、

「(それが)出来るかどうかより、したいかどうかだ」というセリフがありました。

ハッと気付かされます。

今の私に言われているようです。

出来るか出来ないか、結果を自分で決めて思い悩むのではなく、

それがやりたいのなら、そういう自分になりたいのなら、

そこに向かって行くしかない。

自分の脳が限界決めてしまったのでは、出来るものも出来なくなる。

そうだよねと、一人気づき、反省しました。


ラカンのいう象徴界から、自分に必要な言葉が降り注いているといいます。

それを宗教的にいうなら、神の言葉です。

誰の上にも必要な言葉が降り注いでいますが、

それを受け取り聴き取るセンサーや能力がないと聞き流され、心に留まりません。

ラカンやフロイト、神がいつも側にいて観ていてくれる。

そして必要なときに、必要な言葉を、人を通して語りかけてくれる。

そう感じられることが、鴻巣に引っ越して増えました。


ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー
[PR]
by lacan_msl | 2018-07-19 21:29 | 分析家の語らい | Comments(0)
<< ラカン精神科学研究所メールマガ... ラカン精神科学研究所メールマガ... >>